2010年01月18日

いにしえに迷うG幻想

浅茅が原.jpg 浅茅が原

方向を見失ったのは、それから無難な参道をそれて、日ごろ親しんでいる安心感ゆえに、夜の浅茅が原に踏み込んでからである。

昼間なら、広々とした芝生に鹿が群れをなして遊ぶ、のどかな風景である。

また隣接する飛火野、雪消の沢、鹿苑とともに万葉集にも詠まれ、天平の大宮人たちに、こよなく愛されてきた土地である。

名前からして、いかにも典雅でゆかしい。

今でも、春や秋には、東大寺や興福寺などの見学に疲れた観光客や修学旅行生などの、絶好のくつろぎの場となる。

夜陰に手探りながら、老松の木立の間をさまよった。

時々、鹿がかすかに動く気配を感じる。

水面がかすかに光っているのは鷺池か、それとも荒池か。

浅茅が原にいるのか、雪消の沢なのか。

夢遊病者のようにあてどなく、天平の闇をいっとき彷徨した。

そんな時、虚空に、三月堂の月光菩薩や聖林寺の十一面観音菩薩、秋篠寺の技芸天などが、ほの白くぼうっと立ち現れては消えていった。

めくるめく幻想のなかで私は、なぜか母親の胎内を思っていた。

 





posted by asaborake at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

いにしえに迷うF厳寒の奈良盆地

興福寺五重塔  興福寺五重塔

奈良盆地の冬は厳しい。

荒涼とした境内には、木枯らしが音を立てて吹き荒れている。

ひどく疲れているが、奈良盆地のはずれ、新薬師寺まで、約5`の道のりを、真冬のかそけき月明かりを頼りに帰らねばならない。

尼ヶ辻まで一本道だ。

そこを右に折れたらJR奈良駅を右に見て、三条通りから猿沢の池、奈良公園と道筋はわりと単調である。

意を決して、寒風の中に一歩を踏み出した。

農家と田畑、古びた土塀を左右の闇に感じながら、ひたすら宿坊を目指して歩を進めた。

寒さと睡魔と必死に戦いながら、黙々と歩き続けた。

そして、厳寒の中で身体の内部にぬくもりを感じてきたころ、興福寺五重塔の黒い輪郭を左に見るや間もなく、春日大社の一の鳥居にたどり着いた。

時計の針は午前2時を少し回っている。


posted by asaborake at 13:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

いにしえに迷うE薬師寺

薬師寺金堂薬師三尊.jpg  薬師寺金堂薬師三尊像

そして例のごとく、荒廃した『歴史の道』を南に、天武帝勅願の薬師寺へ足をのばす。

途中で夕食をとり、完成直後の新金堂で白鳳の傑作、阿弥陀如来像と日光・月光両菩薩を見上げたのは、すでに堂塔が深い闇に閉ざされようとする時分であった。

大池から眺める東塔の驚嘆すべき古代美。

1200年間もの長い間、秘仏救世観音を包んでいた布をはぎとったアメリカ人フェノロサは、この東塔を、凍れる音楽と形容した。

その九輪の頂にそびえる水煙のシルエットが、心なしか愁いを帯びている。


ところで、当日が新金堂の落慶法要式であることを迂闊にも知らなかった。

すぐに宿坊に電話して、門を閉めないように頼んだ。

儀式は深夜、古式ゆかしく厳かに執り行われた。

堂内に流れる荘重な読経の調べと、流麗な曲線を描く三体の尊像が渾然と奏でるメロディーは、さながら浄土はかくやと思わせるものであった。

午前一時近く、かりそめの法悦と抗しがたい睡魔とともに式の途中、金堂を抜け出た。





posted by asaborake at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする